歯を抜いた後に考えていただきたい大切な事

名古屋市名東区西山本通の「あさの歯科クリニック」の院長の浅野です。

今回は、歯を抜いた後の治療法についてお伝えしようと思います。

歯を抜いた箇所は、そのまま放置しておくわけにはいけません。適切な方法で、人工的な歯を補う必要があります。

Pasted Graphic 1

歯を抜きました。            隣の歯のバランスが崩れます。

かみ合わせのバランスが崩れると、食事が取りづらくなるだけでなく、肩こり、頭痛、顔の歪みなどの影響が出ます。

 

人工的な歯を補う方法としては、大きく3種類に分かれます。

Pasted Graphic 2

従来は①のブリッジが、最も選択されておりました。しかし、弊害も報告されるようになりました。両隣の歯を土台とするためムシ歯でない歯を削る必要がある。削った歯はやがて弱くなる。また、両隣の歯に負担がかかることによって、ブリッジそのものが弱くなり最終的には抜歯にいたる場合があります。装着後は汚れが溜まらないように検診にてしっかりメンテナンスを受けましょう。

また、大きな銀歯の装置が入ることにより、大きな口で笑えないというコンプレックスを感じる人も多いですが、歯科材料の進歩により、美しく耐久性の良い材料での治療も可能になりました。(保険治療外)

Pasted Graphic 3

②の入れ歯は、両隣の歯は削らないので、お口に負担の少ない治療になりますが、装着時の違和感は大きいです。入れ歯の金具が両隣の歯にかかりますので、安定しています。

Pasted Graphic

③のインプラント治療は、現在、最もよい治療法だと言われています。人工の歯根を骨に埋め込み、その上に人工の歯を固定します。最大のメリットは、両隣の歯を犠牲にせずに、歯を失ったところのみ、歯を補う方法です。抜いた歯の箇所のみ治療になりますので、他の歯にダメージを与えるリスクが最も少ない治療法です。また、他の治療法に比べ、自分の歯のように噛める快適さもあります。

従来の治療法は、1本歯を失うと、両隣の歯を犠牲にしてその歯を補うという矛盾がありました。その結果、次に両隣の歯を失い、多数歯を失った結果、入れ歯生活を余儀なくされてきました。

 

我々には、「生涯、健康な食生活をサポートする」という想いはあります。

あなたのお口の中の健康は、自分自身で治療を選択しなければなりません。医療では一度、治療を開始すると、後戻りはできません。よくお考えのうえ後悔のしない治療法から選択してください。