歯周病(歯槽膿漏)ってどんな病気?

こんにちは、あさの歯科クリニック歯科衛生士の梅村です。

柔らかな春の日差しが嬉しい季節になりましたね。

 

メインテナンスの重要性については以前の投稿でお話しさせて頂きましたがその中で話に出た歯周病(歯槽膿漏)について今回は詳しくお話させて頂きます。

 

歯周病(歯槽膿漏)ってどんな病気?

歯周病とは、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。

歯と歯肉の境目の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し(歯垢の蓄積)歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします(痛みはほとんどの場合ありません)。

そして、進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後は歯を抜かなければいけなくなってしまいます。

 

歯周病の原因

お口の中にはおよそ300~500種類の細菌が住んでいます。

これらは普段あまり悪いことをしませんが、ブラッシングが十分でなかったり、砂糖を過剰に摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。

これを歯垢(プラーク)1mgの中には10億個の細菌が住みついていると言われ、虫歯や歯周病を引き起こします。その中でも歯周病を引き起こす細菌が特異的に存在していることが分かっています。

歯垢(プラーク)は取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強固に付着します。これはブラッシングだけでは取り除くことが出来ません。この歯石の中や周りに更に細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出し続けます。

 

他にも歯周病を進行させる因子となる事があります。

  • 歯ぎしり、くいしばり、噛みしめ
  • 不適合な冠や義歯
  • 不規則な食習慣
  • 喫煙
  • ストレス
  • 全身疾患(糖尿病、骨粗鬆症、ホルモン異常)
  • 薬の長期服用

 

特に4番目の喫煙は歯周病のリスクを高めます。タバコの煙には数千もの化学物質が含まれていて、そのうちニコチンや発癌性物質などの有害物質は200とも300とも言われます。

喫煙者は、お口が臭い・ヤニがついて汚いだけではなく、歯周病(歯槽膿漏)にかかりやすく、酷くなりやすいので更に治療しても治りにくい事が解っています。

ある統計データによると、歯周病にかかる危険は1日10本以上喫煙すると5.4倍に、10年以上吸っていると4.3倍に上昇し、また重症化しやすくなります。

 

歯周病の進行過程

 

健康な歯肉

特徴

*薄いピンク色の歯肉

*歯と歯の間に歯肉が入り込んで弾力がある

*歯肉が引き締まっている

*ブラッシングでは出血しない

 

歯肉炎

特徴

*赤色の歯肉

*歯と歯の間の歯肉が丸みを帯び膨らんでいる

*ブラッシングで出血する

*腫れた歯と歯肉との間に歯垢が溜まり悪化する

 

歯周炎

特徴

*赤紫色歯肉

*歯と接している歯肉が更に腫れる

*ブラッシングで出血や膿が出る

*歯と歯の間が広がり、食べ物もよくつまる

*歯肉が退縮して歯が長く見える

*歯周ポケットが深くなり骨(歯槽骨)が溶ける

 

歯周病は定期的なチェックが重要になってくるので3か月~半年の定期検診を受けることをお勧めします。

歯を抜いた後に考えていただきたい大切な事

名古屋市名東区西山本通の「あさの歯科クリニック」の院長の浅野です。

今回は、歯を抜いた後の治療法についてお伝えしようと思います。

歯を抜いた箇所は、そのまま放置しておくわけにはいけません。適切な方法で、人工的な歯を補う必要があります。

Pasted Graphic 1

歯を抜きました。            隣の歯のバランスが崩れます。

かみ合わせのバランスが崩れると、食事が取りづらくなるだけでなく、肩こり、頭痛、顔の歪みなどの影響が出ます。

 

人工的な歯を補う方法としては、大きく3種類に分かれます。

Pasted Graphic 2

従来は①のブリッジが、最も選択されておりました。しかし、弊害も報告されるようになりました。両隣の歯を土台とするためムシ歯でない歯を削る必要がある。削った歯はやがて弱くなる。また、両隣の歯に負担がかかることによって、ブリッジそのものが弱くなり最終的には抜歯にいたる場合があります。装着後は汚れが溜まらないように検診にてしっかりメンテナンスを受けましょう。

また、大きな銀歯の装置が入ることにより、大きな口で笑えないというコンプレックスを感じる人も多いですが、歯科材料の進歩により、美しく耐久性の良い材料での治療も可能になりました。(保険治療外)

Pasted Graphic 3

②の入れ歯は、両隣の歯は削らないので、お口に負担の少ない治療になりますが、装着時の違和感は大きいです。入れ歯の金具が両隣の歯にかかりますので、安定しています。

Pasted Graphic

③のインプラント治療は、現在、最もよい治療法だと言われています。人工の歯根を骨に埋め込み、その上に人工の歯を固定します。最大のメリットは、両隣の歯を犠牲にせずに、歯を失ったところのみ、歯を補う方法です。抜いた歯の箇所のみ治療になりますので、他の歯にダメージを与えるリスクが最も少ない治療法です。また、他の治療法に比べ、自分の歯のように噛める快適さもあります。

従来の治療法は、1本歯を失うと、両隣の歯を犠牲にしてその歯を補うという矛盾がありました。その結果、次に両隣の歯を失い、多数歯を失った結果、入れ歯生活を余儀なくされてきました。

 

我々には、「生涯、健康な食生活をサポートする」という想いはあります。

あなたのお口の中の健康は、自分自身で治療を選択しなければなりません。医療では一度、治療を開始すると、後戻りはできません。よくお考えのうえ後悔のしない治療法から選択してください。

 

お子様のおやつの取り方について

みなさん、こんにちは。管理栄養士の木村です。

最近はインフルエンザが流行っており、注意報も出ていますね。

手洗い、うがいをしっかり行って、予防していきましょう。

 

さて今回はお子様のおやつの取り方についてお話したいと思います。

まずはおやつの役割についてお話します。

 

おやつの1番大きな役割として「栄養素の補充」があります。

お子様は1回の食事で食べられる量が少なく、1日3回の食事では1日に

必要な栄養素が取れない場合が多いです。そこで、おやつを取ることに

よりお子様に足りない栄養素を補充する役割を果たします。

お子様に不足しがちな栄養素としては

カルシウム

ビタミン

この3つがよくあげられます。おやつをあげる時はこの3つを意識してあげると

良いと思います。

 

また、おやつは親子のコミュニケーションの場としての役割もあります。

一緒に話をしながら食べたり、時々一緒におやつを作るのも良いと思います。

そうすることで、お子様も食事は楽しい場であるという意識が作られます。

では次におやつを取るときのポイントを紹介します。

 

 

おやつを取るときのポイント①

「時間を決める」

だらだらと食べてしまわないためにもおやつを食べる時間を決めることが大事です。

1、2歳のお子様は1日2回(午前と午後)、3歳以上のお子様は1日1回(午後)が理想です。

もし具体的な時間を決めるのが難しい場合はタイミングを決めるのでも良いと思います。

(幼稚園・学校から帰ってすぐ、習い事に行く前など)

 

おやつを取るときのポイント②

「量を決める」

1日のおやつの量を決めることも大事です。カロリーの目安としては1、2歳が100~150kcal、3歳以上が200kcalです。

目安としてはバナナ1本、みかん2個、りんご半分が約80kcal、さつまいも半分が約130kcalです。

市販のものをあげる時は袋にkcalが記載されているのでそれを目安にあげましょう。

 

おやつを取るときのポイント③

「砂糖の取りすぎに注意」

量と同じぐらい気をつけていただきたいのが砂糖の量です。市販のお菓子には砂糖が多く

含まれているものが多いです。いくらカロリーが1日の範囲内だとしても砂糖を取りすぎると

体に悪い影響を与えてしまいます。また、砂糖の取りすぎは虫歯の原因にもなります。

なるべく市販のお菓子はあげずに、果物やヨーグルト、パンやおにぎりなどをあげるようにしましょう。お菓子に含まれている砂糖の量を下の表にまとめました。

新規メモ

 

おやつを取るときのポイント④

「飲み物に注意」

おやつを食べるときに飲む飲み物にも気をつけましょう。おやつと一緒にジュースやスポーツドリンク

を飲むとカロリーオーバーになりますし、砂糖の取りすぎにもなります。おやつを食べる時はなるべく

お茶や牛乳を飲むようにし、ジュースを飲みたい時はジュースもおやつとして換算するようにしましょう。

 

おやつを取るときのポイント⑤

「食べ終わったら歯磨きを」

おやつを食べ終わったら歯磨きするのを忘れないようにしましょう。食べかすが口の中に残ったまま

だと虫歯の原因になります。食べたら磨くという習慣を身に付けられると良いですね。

 

 

以上がおやつを取るときのポイントです。おやつの取り方に気をつけつつ、楽しくお子様と一緒に

おやつを取ることができると良いと思います。また、歯磨きは虫歯の予防の為に大切なことですが、

より虫歯を防ぐためにも定期的な検診や歯の掃除は効果的です。

定期検診のご予約お待ちしております。

お子様の定期検診の重要性について

こんにちは。歯科衛生士の川島です。

早いもので、もう12月ですね。皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?

あさの歯科クリニックは、12月29日まで診療しております。お困りごとがありましたら一度ご連絡ください。

 

さて、本日は小児の定期検診の重要性について書かせていただきます。小児でも今回は0~3歳のお子様がいらっしゃる方向けの内容になります。

 

まず、なぜ虫歯ができるのかというと、その原因は3つの要素が関係しています。1つ目は虫歯菌です。虫歯の原因菌であるミュータンス菌は歯を溶かす酸を作ります。2つ目は歯の質です。歯の強さや唾液の量は個人差があります。3つ目は食べ物です。砂糖を多く含む食べ物や飲み物は摂り方を気をつけなければ虫歯に大きく関わります。要するに、これらの3つの要素が重なり合う時間が多ければ虫歯ができやすい環境となり、虫歯になるリスクが高くなります。

そこで、小さいうち(0~3歳)からできる予防についてお話します。

「母子感染」という言葉を耳にしたことはあると思います。意味もご存知の方が多いと思いますが、お母様の虫歯菌がお子様に感染することをいいます。生まれたばかりの赤ちゃんにはミュータンス菌はいません。どのようにしてお口の中にミュータンス菌が入ってくるのかというと、大人が使用した箸やスプーンでご飯を食べさせてあげたり、同じコップやストローを使用したりすることでミュータンス菌は赤ちゃんのお口の中に入ってきます。しかしこれらは日常生活を送る中では避けては通れない行為だと思います。つまり、保護者様のお口の中の菌が多い状態でこの行為を行うことは好ましくありません。お母様・お父様は最近いつ歯医者に行かれましたか?歯医者で定期的にクリーニングを受けていらっしゃいますか?お子様の健康のために保護者様も定期的にクリーニングを受けることをお勧めします。

最も母子感染しやすい時期は1歳半~3歳と言われています。この時期に歯医者で定期的に親子でクリーニングを受けましょう!そうすることでミュータンス菌に感染しても虫歯になりにくい環境がつくれます。細菌の量自体を減らすことができます。また歯医者に慣れていただき、「怖い所」というイメージをなくすことも大事な目的のひとつです。

 

プレゼンテーション1

近年予防の意識も高まってきていて、1歳~4歳の8割以上のお子様が虫歯ゼロというデータも出ています。お子様の未来のために、健康のために親子で定期検診を受けましょう!まだ歯医者に通われていない方、しばらく歯医者に通っていない方はこの機会にぜひ一度お越しください。ご予約お待ちしております。

歯のホワイトニングについて

こんにちは、あさの歯科クリニック歯科衛生士の梅村です。

秋も深まり、日も短くなってまいりました。

 

皆さんは、もう少し歯が白ければ、昔はもっと歯が白かったはずなのになどと思ったことはありませんか?

そういった歯の変色にはさまざまな原因があります。

 

・コーヒー、お茶、タバコ等による変色

(色素が内部まで取り込まれることによって、歯が黄色く見えてしまうことがあります)

・加齢による変色

(年齢を重ねるに従って、人の歯は自然と黄色く変色してきてしまいます)

・全身疾患に由来する変色

(赤ちゃんがお腹にいる時期に母親が服用した抗生物質や過剰に摂取したフッ素などの影響により歯が変色してしまうことがあります)

 

これらによって変色してしまった歯を原因に応じて適切な方法で歯を白くする方法を検討します。

 

その中の1つにホワイトニングがあります。

当院ではホームホワイトニングを取り入れております。

ホームホワイトニングとは、歯科医院にて歯列にあったマウストレーを作製し。あとはご自宅でマウストレーにホワイトニングジェルを塗布し、決まった時間、継続的に装着して行うホワイトニングです。

歯が白くなるメカニズムですが、歯が変色している状態の時は歯の内部の色素が多く、歯が黄色く見えています。そこにホワイトニングジェルを塗布することによって徐々に内部まで染み込んでいき、ホワイトニングジェルに含まれる過酸化尿素により、歯を痛めることなく内部の色素を細かく分解していきます。

徐々に色素が減っていき透明感のある白い歯になっていきます。

ホワイトニングは歯を痛めるという情報をインターネット等で見かけることもありますが、そういった心配はありません。

ホームホワイトニングで使用されている過酸化尿素は分解すると酸素を発生させるため、アメリカでは1960年代から歯周疾患の原因菌である嫌気性菌を殺菌する目的で、歯周疾患の治療薬として使用されており、近年ではホワイトニングは虫歯予防の効果もあることがわかってきています。

ホワイトニングジェルのリスクもコーラを飲んだ時と同程度です。

加えて、ホワイトニングを行う前に大切なのが歯のクリーニングです。

なぜ大切なのかというと、歯の表面に付着している歯石やステインといった汚れがホワイトニングの効果を阻害するためホワイトニングを始める前に除去しておくことが必要になります。なので、ホワイトニング後にもホワイトニングで獲得した歯の白さを維持させる為には、定期的にメインテナンスを受けクリーニングや色戻りしてきていないかを、歯科医院でチェックしていくことで白さを保っていくことが出来ます。当院ではメインテナンスの間隔を3か月~6か月をおすすめしております。

 

ホワイトニングにご興味ある方は是非スタッフにお気軽にご相談下さい。pl_pic2

定期的な歯のメインテナンスの重要性

名古屋市名東区西山本通りの「あさの歯科クリニック」の院長の浅野です。

 

歯科医院での定期的なメインテナンスの重要性についてお伝えしたいと思います。今回は、大人の方向けのお話です。お子様向けは、またお話させていただきますね。

 

むし歯や歯周病になるときには、その病気を引き起こす原因がお口の中に必ずあります。例えば、「歯磨きの回数が減った」「歯ブラシの当て方がよくなかった」というものから、「唾液の分泌量が減った」など様々なことが考えられるでしょう。

いくら良い治療を受けても原因をそのままにしていては、同じような問題の繰り返しになります。治療が必要になった原因を一緒に考えることが重要になります。

むし歯が、次々できてつらい、、

毎回同じ部位の歯ぐきが腫れる、、

 

そのような悩みをお持ちの方はまずは、原因を解決しなければなりません。

歯科医院を受診したら、自分のお口の中で何が起きているか説明を受けるために、口腔内写真、レントゲン写真を撮ってもらい、歯周病の検査なども受けましょう。診断に必要な資料が整いますと、説明の際にも、どこがどう悪く、問題があるのかがわかります。現状を把握することは、患者様にとっても、私たち歯科医師にも、とても重要なことです。その上で、皆さま、一人一人にあったメインテナンスプログラムを行なっていきます。

具体的には、歯のクリーニングをし、磨き残しの歯垢(プラーク)や歯周病の原因になる歯石を除去したり、磨き残しのポイントをどう磨くかをご説明させていただきます。歯科医院でのクリーニングも大事なのですが、日常生活での歯磨きは最も重要ですので、当院では、歯磨き指導にも力を入れさせていただいております。もちろん、虫歯のチェックや、歯周病が発症していないかのチェックは欠かせません。治療をしている歯は、「治療しているから大丈夫」ではなく、「治療(修復)した歯のアフターケア」が必要になります。

このようなプログラムを3〜6ヶ月に一度のペースで実施し、歯の健康を守っていくことが可能になるわけです。

以下の項目に当てはまる場合は、歯科医院での受診をお勧めします。

 

  • 毎日歯磨きをするのにむし歯や歯周病になる。
  • 歯磨きをすると歯ぐきから出血する。
  • 以前より歯に物が詰まりやすくなった。
  • 口臭が気になる。
  • 「詰め物の下からむし歯になっている」と歯科医に指摘されたことがある。

62-28-01

あさの歯科クリニックでも、歯の定期的なメインテナンスを推奨しています。

診療は予約制になっておりますので、お電話にてご予約をください。

電話番号  052-734-4183まで

P1050186

歯科衛生士さんの募集について③

前回のブログでは、3つのスキルである、
・テクニカルスキル
・ヒューマンスキル
・コンセプチュアルスキル
のうち、ヒューマンスキルとコンセプチュアルスキルを磨くサポートについてお話致しました。
しかしながら、医療従事者として「テクニカルスキル」の向上は絶対的に大切なことだと思っております。
1人でも多くの方の口腔内の問題を解決していくためには、歯科医師であっても常に技術研鑽を行う必要があります。技術を磨いていくことで、より多くの患者様からも喜ばれますし、自分自身のモチベーションにも繋がります。

当院では、せっかく苦労して取得した歯科衛生士という資格をより活かしてもらいたいという気持ちから、月に2回フリーランスの歯科衛生士さんを医院にお招きしております。
技術力アップのために外部のセミナーなどもに参加していただいておりますが、せっかくセミナーで得た知識を臨床に活かせずに終わってしまうということもあるかと思われます。
実際に診療中にアドバイスをもらうことで、よりその場に活かせるスキルを身につけることができます。

一緒にスキルアップをして、1人でも多くの患者様に喜んでいただける歯科医院を作っていきませんか?

P1050189

実践会

歯科衛生士さんの募集について②

当院で勤務していただくスタッフさんには、スキルアップできるサポート体制を整えております。
一般的にスキルアップと言いますと、技術面(テクニカルスキル)の向上のことを言いますが、当院では技術面だけでなく
「ヒューマンスキル(人間力)」「コンセプチュアルスキル(問題解決力)」向上のサポートを行っております。

歯科医院は女性が中心となって活躍する環境です。そのため、同じ職場に長期間(10年以上)勤務することが少ないのが一般的です。
当院ではせっかく一緒に働くメンバーですから、
「あさの歯科クリニックで働けてよかった」
「あさの歯科クリニックで働いた経験があるから人生が輝いた」
と思っていただきたいと願っております。

テクニカルスキルは一般的にはどこの歯科医院でも磨くことは可能ですが、
当院では3つのスキルを磨くためのサポートを行っております。

22791768_1464986826884306_3964396459621840618_o

例えば、外部のセミナーへの参加補助制度を設けておりますので、
・仕事において大切な考え方
・当たり前のことが当たり前に出来るようになるための行動方法
・患者さまや働くメンバーとの信頼関係構築のためのコミュニケーションスキル

などを身につけることができます!

私たちと一緒に成長をしませんか?

歯科衛生士さんの募集について①

あさの歯科クリニックでは、H30年度卒業予定の新卒歯科衛生士さん、すでに資格をお持ちの歯科衛生士さんを募集しています。

当院の歯科衛生士業務は、主に患者様の口腔内の健康を維持するための予防処置業務になります。
歯を失うほとんどの原因は、むし歯と歯周病と言われています。これらの病気を予防するために歯磨き指導、歯石除去、フッ素塗布などの処置を行います。
ただ、予防処置を行うだけでなく、患者様ひとりひとりがどういうケアをしていくかを考えることが歯科衛生士さんとしての本領を発揮するところであります。

当院は、今年も3名の歯科衛生士さんを採用し、教育体制には自信を持ってお勧めできる職場でもあります。
是非、当院で歯科衛生士のスキルを最大限に発揮していきましょう!

診療の見学は大歓迎です!お気軽にお問い合わせください。P1050180

歯と口の一日健康センター

名古屋市名東区西山本通 あさの歯科クリニックの浅野です。

5/25(木)に名東区歯科医師会主催の「名東区歯と口の一日健康センター」が実施されました。私も、検診のお手伝いと微力ながら協力させていただきました。来年も実施予定であります。地域保健、口腔衛生の啓蒙のために今後もこのような企画には、積極的に参加していきたいと思います。

IMG_1205IMG_1200